蒲郡競艇場は高配当を狙うのが難しい!高配当を狙うために予想のコツを紹介します!

蒲郡競艇場でスピード重視の水面の割にはイン逃げがよく決まり、中穴から万舟券が出るレースが分かりづらくはないでしょうか?

蒲郡競艇場で高配当の万舟券を狙う際には、人気がない選手の調子を見抜いたり、イン逃げを崩していけるような事ができる選手を選ぶ力が必要となってきます。

この記事では、他の競艇場と比べても堅めのレースが多い蒲郡競艇場で的中させるために、水面の特徴や季節ごとの予想のコツなどを詳しく紹介していきます。

蒲郡競艇場はナイターレース専門!

ナイターレース専門(蒲郡競艇場)
蒲郡競艇場は1999年に桐生の次にナイターレースを始めた競艇場となります。

2007年には、開催される全てのレースをナイターレースにして「100%オールナイター」というキャッチコピーで話題になりました。

来場者、売上高ともにトップクラスの人気をもつ蒲郡競艇場です。

水質は海水と淡水が入り混じる「汽水」となっています。

蒲郡競艇場は埋立地の中に位置しているので外洋と直接接している競艇場とは違い、水門を開けることで海水が入るようになっています。

水面の流れも干満差にあまり影響されることなく静かな水面で、とにかく広い事が特徴です。

広い事もあってスピード水面なので「イン逃げ」に限らず「まくり」や「差し」などの様々な手で勝負が決まる面白い競艇場です。

とても穏やかな水面

静かな水面(蒲郡競艇場)
蒲郡競艇場は全国の競艇場の中でも静かな水面が特徴となっています。

なぜかというと、防風壁や電光掲示板、スタンドなどによって風が遮られるので強い風が吹く事が少なめの競艇場です。

また、2014年に作られた1マーク側の新しいスタンドや2015年に作られて2マーク側の立体駐車場の影響で、今までよりも更に風の影響が減ったとも言われています。

基本的には穏やかで静かな水面ですが、強い風が吹くとスタンドに風が当たり、風が舞ってしまう状態になってしまいます。

その影響でスタートが難しくなるとの声も聞きます。

スタート重視の展開を狙うときには風速にも十分注意するのがコツといえるでしょう。

蒲郡競艇場の水面図

水面図(蒲郡競艇場)
次は蒲郡競艇場の水面図を確認していきます。

1マークのバック側が全国で一番広くて156.7mもあります。

2マークからスタンドまでも66.7mあり、広めの作りとなっています。

実は競艇は初期段階では500メートルのレースの構想だったので、1マークか広いのはこの名残があるからのようです。

この広さと、静かな水面が合わさる事で1マーク・2マークのどちらも全速で握って攻める事ができます。

なので、蒲郡競艇場ではスピード重視のレース展開が多くなると予想できます。

1マークの振りは約16mあり、他の競艇場と比べて少し大きいです。
インが不利に見えてしまいますが、あながち不利な訳ではあまりせん。

静水面、コース幅、1マークの広さなどがあるのでインコースの1着率は平均以上はあります。

水面の特徴的にダッシュも通用するような状態なので迫力満点のレースが多くなります。

風の影響はあるのか!?

風の影響(蒲郡競艇場)
蒲郡競艇場は比較的静かな水面と前述しましたな、風が吹いてしまうとどうなっていくのでしょうか?

こちらでは風向きごとの影響をまとめたので紹介していきます。

無風

まずは、無風の状態です。

風が無い状態だとスリットが揃いやすく、インコースが有利な状況になってきます。

また、水面の特性上4コースの艇も僅かですが上位に入る確率が上がります。

向かい風

向かい風が吹いた時にはどうなるでしょうか。

向かい風が吹く場合はインコースの加速が足りず、インコースの1着率が下がってしまいます。

また、風速に比例して下がる傾向もあります。

その反面、有利になってくるのはセンター勢です。

風の抵抗を受ける事によってにサイドが掛かるので、握って全速で回る事ができます。

全速て回る事ができるため、まくりやまくり差しという様な決まり手が増えてきます。

この様にセンターが攻めた場合には5コースも1着率が上がることにも注目しておいてください。

また、2コースからのまくりも追い風の時と比べると30%程度増えています。

蒲郡競艇場で5メートル以上の強い風が吹くのは向かい風ばかりの傾向なので、是非頭に入れておいてください!

追い風

蒲郡競艇場で追い風が吹いた時には、競艇場のセオリー通りインが有利な状況になってきます。

ただし、風速に比例してインの勝率が低下して2コースが強くなってくると見受けられます?

インが流れてしまうことで2コースの差しが増えます。

インが落とし過ぎてしまうと4カドの攻めま決まりやすくなってくると言えるでしょう。

横風

冒頭で軽く説明しましたが、蒲郡競艇場の横風はスタンドや電光掲示板に遮られるので強風が吹く事はあまりありません。

弱めで緩やかな風が吹いた場合は基本的にはインコースが有利に働きます。

右側からの横風の場合はインが流れてしまうので2コースの艇の1着率が上がっています。

左側からの横風が吹いた場合はサイドが掛かりやすいので4コースのまくりが決まりやすくなってくるでしょう。

番組・時間帯による傾向

番組は前半と後半の時間帯で傾向が大きく変わってきます。

前半1〜6Rは1号艇にB級選手が入ることが多いのですが、インの1着率は低めとなっています。

1Rや2RにオールB級戦などの番組もあり、波乱に満ち溢れた傾向となっています。

7Rに行われる進入固定戦はA級選手の枠は流動的となっていてインvsカドとなりやすく、4コース1着率が高めです。

8R以降は1号艇にA級選手が入りやすくなる事もあってインの1着率は60%を超えています。

ナイターレースの時間帯になると、分かりやすい展開で本命で決着することが多くなってきます。

また、1Rの15時頃から12Rの20時30分頃までの気温の差が大きくなってくるので、ボートの調整が難しいと言われています。

季節ごとの予想のコツ

蒲郡競艇場では季節ごとにコツが変わってきます。

その内容をまとめたので是非参考にしてみてください。

春のコツ(蒲郡競艇場)
春の蒲郡競艇場は追い風の傾向にあります。

この時期はモーターの相場は固まってきているので、実積のあるモーターが活躍するでしょう。

ナイターレースの時間帯になっても、まだ寒い時期が多いため、レースの間に試走をする選手が少ないです。

5月になると蒲郡競艇場ではモーターの入れ替えを行います。

春先にはモーターの性能差がはっきり分かるのでモーターの実積のデータは必ず確認するようにしましょう。

夏のコツ(蒲郡競艇場)
夏の蒲郡競艇場は向かい風や横風が出てくる傾向にあります。

しかし、ナイターレースの時間になると風は非常に穏やかになってきます。

昼間には風が吹いていたのに夜になると風がほとんど吹かない、なんて事もよくあります。

昼間の時間帯では1走目のモーター調整をして、ナイター時間で2走目という選手は、モーター調整の違いからスタートの勘がおかしくなってしまう事が多くなります。

ナイターレースの時間帯に2回走る選手はモーターの調整やスタートタイミングも取りやすいと言われています。

ナイターになると周りの景色が昼間と違うため、ベテラン選手は昼間にスタートを決めていても、ナイターになるとスタートでミスする選手も多いことに注意してください。

秋(蒲郡競艇場)
秋と言えば、気温の寒暖差が大きくなる季節です。

1月ごろから温水パイプが装着はれるので機力の変化には注意してください。

蒲郡競艇場の秋といえば、5月に入れ替えになったモーターの性能差が出てくる時期だと言えます。

パワーのあるモーターだとピット離れで前付けして有利なインを狙ってくるでしょう。

実積のあるベテラン選手になるほど、前付けをしてくるので、水面が穏やかな秋はスピードが重要な勝負になるのでイン逃げもよく決まります。

この季節は荒れたレースが多く、三桁の配当が付くこともあります。

的中させるために点数を増やしてもトリガミにならないように、きちんと資金配分をするのがとても大事になってきます。

高配当を当てたいのであれば、ピット離れの出足が良いベテランがどれだけ前付けするかを予想して、人気の薄い選手をうまく連に絡める作戦が良いかもしれません。

冬(蒲郡競艇場)
冬の蒲郡競艇場は季節風の影響はとても少なくなってきます。

また、気温が下がりモーターの機力が上がる傾向があるので1コースの1着率が上がってきます。

蒲郡温泉の冬の特徴として、北から季節風が吹いたとしても、1マークのスタンドが風を遮ってくれるので2マークの方が荒れた水面になってきます。

冬の時期にナイターレースを開催する場合は、昼と夜の気温差が激しいのでモーター調整がかなり難しくなってきます。

また、気温が低いため、レース間に試走する選手が少なくなってきます。

モーターの実積通りの結果になる事が多いので、モーターの情報は必ず確認してみてください。

枠なり進入の場合は1号艇のモーターをよく掴んでおく必要があります。

バラバラでスタートになれば、センターからのまくりが良く決まる傾向にあります。

また、機力の良いモーターを使う選手は人気薄だったとしても高配当を出すこともあります。

蒲郡競艇場の予想のコツのまとめ

まとめ(蒲郡競艇場)
トップクラスの人気と売上を誇る蒲郡競艇場の予想のコツをまとめると

・オールナイター開催
・全国上位の静水面
・クセの無い水面でモーターパワーが反映されやすい
・1マークのバック側は全国の競艇場の中で一番広い
・2マークが広いため、全速で握れる水面
・イン1着率は平均以上
・2コースは弱めだが、狙い目は「追い風3m以上」
・3コース1着率は平均程度で、まくり差し率が高い

などが挙げられるのではないでしょうか。

蒲郡競艇場で舟券を買おうと考えている方は是非この記事を読んで参考にしてください。

ボートレース蒲郡で舟券予想を的中させる4つのポイントをまとめてみました。